ホーム > エリア > あの手この手

あの手この手

破産手続きで抱えている負債に関して保証人がいる場合にはきちんと話をしておいた方が良いです。

 

強調させていただきますがほかに保証人を立てているときは、破産手続きの前に考えておかなければなりません。

 

なぜならば今あなたが破産宣告をして免責がおりるとその人たちがあなたが作った負債をまとめて支払う義務が生じるからです。

 

ですから、自己破産手続きの前に保証人となる人に、そのおかれた現状を説明しお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

 

これは保証人からすると当然のことです。

 

債務者のあなたが破産宣告することで、急に多額の借金が発生することになるのです。

 

そして、その後のその保証人の行動の選択肢は次に示す4つです。

 

一つめは保証人である人が「すべて払う」ことです。

 

あなたの保証人が何百万もの金額をいとも簡単に返すことができるほどのような資産をたくわえていれば、それが可能になります。

 

そういう場合はむしろあえて自己破産せずに保証人である人に立て替えてもらい、これからはその保証人に定額払っていくという手順も取れるかと思います。

 

また保証人が借金をした人と良いパートナーである場合などは少し期日を延ばしてもらうこともできないこともないかもしれません。

 

たとえ一括で返すことが不可能な場合でも金融業者も話し合いで分割に応じるかもしれません。

 

その保証人にも破産手続き行われてしまうと一銭も弁済されない可能性があるからです。

 

その保証人があなたのカネをすべて背負う財力がなければ借金しているあなたと同様に何らかの方法による借金の整理を選択することが必要です。

 

続く方法は「任意整理」による処理です。

 

この方法は貸方と話し合うことで、だいたい5年ほどの期間内で弁済する方法になります。

 

弁護士などに依頼するときの相場は債権者1社につき4万円ほど。

 

7社から負債があるとしたら約28万円かかることになります。

 

確かに貸金業者との示談は自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが、債務処理に関する経験がない人の場合向こう側が自分に有利な条件を押してくるので気を付ける必要があります。

 

それと、任意整理になるという場合もあなたの保証人に負債を払ってもらうことを意味するのですからあなたは少しずつでもその保証人に支払っていくべきです。

 

次は保証人となっている人も借金した人といっしょに「破産手続きをする」という方法です。

 

あなたの保証人もあなたとともに破産手続きをすれば保証人である人の債務もなくなります。

 

ただその場合は、その保証人が住宅等の不動産を所有しているならば価値のある財産を取り上げられてしまいますし資格制限がある職についているならば影響を受けます。

 

次の個人再生を検討するといいでしょう。

 

では4つめの選択肢ですが「個人再生を利用する」方法があります。

 

土地建物等を手元に残したまま整理をしていく場合や破産申し立てでは影響が出る職にたずさわっている人に利用できるのが個人再生制度による整理です。

 

個人再生なら、不動産は処分が求められませんし、破産のような職種にかかる制限資格制限が何もありません。

 


関連記事

  1. 佐賀県の唐津市と小城市の空手、内藤貴継が運営の白蓮会館の紹介

    佐賀県の唐津市と小城市でフルコンタクト空手”白蓮会館”の...

  2. あの手この手

    破産手続きで抱えている負債に関して保証人がいる場合にはきちんと話をしておいた方が...

  3. 横浜で仕事するには。。。

    実家のある秦野から横浜に通勤すること1時間半、いい加減通勤時間の長さにヘキヘキし...

  4. テスト

    テスト記事です。...